blog

プレ花嫁さん必見!綺麗に撮られる方法【前撮り・結婚式】vol.4

先日ブログで

「カメラマンと撮られる方との距離」

についてお話させて頂きました。

「まだよく分かんない・・・」

「何となーくは分かるんだけど・・・」

そんな方のために詳しくご説明します!

そーですよね

前回は肝心なサンプル画像を載せていませんでした・・・(笑)

まず

離れて撮った場合です。

望遠撮影

どーです?

綺麗に撮れていますよね♫

離れて撮った際のメリットは・・・

*キレイなボケ感が得られます。

(人物が協調されてますよね)

ではでは

近づいて撮影した場合です。

広角撮影

「ん・・・?」

何か楽しそうな感じがするけど・・・。

手前の女性の方、顔がかなり大きく写ってますよね⤵

後ろの人、すごく小さく写って得してるし・・・(笑)

近づいて撮影すると確かに主題を強調出来ます。

背景をぼかさずに全体を見せられるというメリットもあります。

しかし

歪んでしまうため顔は大きく写ります。

なので

近づいて撮影というのは時と場合なんです。

「まだちょっとよく分からない・・・」

そんな方のために

これです!

近づいて撮影の場合

18mm

鼻デカっ!

そーなんです。

近づいて撮影は一番レンズに近いものを大きく写してしまう

習性があります。

では、次は離れて撮影です。

55mm

バランス良く写ってますよね♫

これでお分かりいただけたかと思います。

離れて撮影した方がスリムに写るんです。

確かに遠くからの撮影って難しいですし

リスクもあります。

でも

特に挙式・披露宴がそーなんですが

この次はこーなる。

あのゲストの方、絶対前に来る(笑)

お母さん、この後に絶対泣く!

など

経験上、予測が出来るんです。

確かに

「こうだからこうなる」

という理論もあります。

でも

それまでの経験で得た感覚

その場の雰囲気・空気感を察知してというのも事実です。

私たちは

1人のスタッフで挙式・披露宴を年間約100件

撮影します。

一番多いスタッフですとこれまでに2,000組近い

挙式・披露宴を撮影しているスタッフもおります。

私たちにとっては

毎週毎週の撮影で

生活の一部みたいなものですが

ご新郎ご新婦様から見れば一生に一度

だからこそ

私たちスタジオアズワンは

これまでの大切な経験をもとに

その場の雰囲気・空気感を加味して

全力で撮影します。

おおげさだと思われますが

「死ぬ気で撮影しています!」

それがスタジオアズワンのこだわりです。

話は変わりますが

あと96話・・・。

写真や映像に限らず前撮り・結婚式に関する

ためになる情報をお伝えしていきますね♫

http://st-asone.com/contact