blog

プレ花嫁さん必見!綺麗に撮られる方法【前撮り】vol.12

前回の「曇りもなかなかいいですよ!」って話の続きです。

実際にお写真を見ていただきましょう。

曇りの日にホワイトバランスの設定をオートで撮影したお写真です。

DSC_4189-1

だいたいこーなります(笑)

ちなみに撮影に使用したカメラはニコンの最高機種です。

曇りの日に撮影するとこんな感じで青く写ります。

しかも、白無垢が真っ白にならないように撮影するので

(ディティールを残すように)

当然暗めに撮影します。

暗くて青くて不気味・・・。

ほんとお化けが出そうですよね・・・。

では、次はこれです。

DSC_4189-2

全く同じお写真です。

明るさも変えていません。

変えたのは色味。

曇りの日でもちゃんと正しい色で写るように設定を変えただけです。

青くないし

全然曇りの日に撮影したとは思えませんよね♫

こんな感じでちゃんとした設定で撮影すれば問題ないんです。

「晴天よりも曇りの日の方がいい」

実はもうひとつ理由があります。

東山荘や名古屋城の茶室

中村公園内の茶室

白鳥庭園

名古屋にはたくさんのお茶室があります。

たいていのお茶室は南向きで建物が建っています。

昔の由緒ある日本家屋のほとんどは南向きです。

「南・・・」

そうなんです。

太陽に向かって建っているんです。

「ってことは・・・」

はい、まぶしいです・・・(笑)

縁側でのお写真

憧れますよね!

DSC_4160-1

これが南向きでの縁側ショットです。

こちらのお写真は東山荘でのお写真。

当日はうす曇り。

だからここまでしっかりと目が開きます♫

これが晴天だと・・・。

まぶしくて目は開きません。

顔に変な影が出たりと

もう大変・・・。

こんな感じで一般的には晴天がいい!

と思われがちですが

実は曇りも場合によっては撮影日和ということなんです。

なので

「曇りかぁ、晴れてほしかったなぁ」

とあまり思わないでくださいね(笑)

スタジオアズワンでは他店で撮影されるご新郎ご新婦様からの

ご質問にもお答えしております。

もちろん無料です。

「うちで撮影したほうがいいですよ~」

「うちに変えたほうがいいですよ~」

なんてことは一切言いません!

実際撮影されるお店では聞きづらいこともあると思いますので

お気軽にお問い合わせくださいね。

ロケーション前撮りに限らず

挙式・披露宴スナップ撮影のことでも大丈夫です。

「こうしたらいいですよ」

「このほうがいいですよ」

「こーゆーのがありますよ」

など、おふたりのためになってくれたらうれしいです。

尚、お問い合わせはサイトのコンタクトよりお願いします!

http://st-asone.com/contact