blog

モノクロって奥が深いんです【前撮り・結婚式】

スタジオアズワンではお客様とのヒアリングで

撮影データをどんな感じで仕上げるかを決めていきます。

もちろん

「モノクロ」に仕上げることも可能です。

しかし

「モノクロ」

って非常に奥が深いんです・・・。

白黒でしょ?

と思われがちですが

「モノクロ」にして

より良くなるパターンと

逆に悪くなるパターンもあります。

今回は画像多めでご説明しますね(笑)

0007-3

徳川園での1枚

雰囲気のあるお写真ですよね。

しかし、これがモノクロになると・・・

0007-2

なんだか不気味・・・

そうなんです。

「モノクロ」は

色がある部分・・・黒やグレー

色がない部分・・・白色

になりますので

このバランスが重要

このバランスが逆転すると

こんな感じで不気味な仕上がりになっちゃいます。

基本的に白無垢やウェディングドレスが「モノクロ」向き

色打掛やカクテルドレスが「モノクロ」に不向きと言われています。

ただし

背景とのバランスを考えると

色打掛でも「モノクロ」に合うこともあります。

0047-3

0047-2

こんな感じで背景に明るい色をたくさんもってくると

色打掛でも「モノクロ」向きになります。

あとは

カクテルドレスでも色が薄め

DSC_0597-1

DSC_0597-2

キレイですよね。

なんとなく奥が深いってのがお分かりいただけたと思います。

その他には

GCYO_331-1

GCYO_331-2

「モノクロ」向きのウェディングドレスでも

背景が暗いとこんな感じで

「ん~っ、カラーのほうがいいかな」

となっちゃいます。

「モノクロ」の理想は

 

 

0005-3

0005-1

こんな感じが理想です。

お衣裳や肌の色

背景の明るさや被写体とのバランス

これらを計算して「モノクロ」に仕上げていきます。

その他には

「色を濃くする」

「ソフトフォーカス」

などの加工も可能です。

また、代表の松岡の撮影データは

「????」

こればかりは企業秘密(笑)

ちょっと特殊な加工があります。

今はインスタなどで色々な加工が楽しめますが

この加工技術だけはどのアプリでもないと思います。

気になる方はぜひお問い合わせくださいね♫

http://st-asone.com/contact